ゴリアテ踏んだら

――それでいいじゃないか俺達は。